総量規制は消費者金融にのみ定められた制限で、消費者金融を利用してキャッシングをするときは融資限度額が制限されます。
総量規制とは消費者を守るという立場から、融資限度額は年収の3分の1以内に制限されたため、それまでに消費者金融から年収の3分の1近くや以上の借入れをしている利用者は、新たに融資がうけられないので、返済に困った利用者はしかたなくヤミ金に走るといったことが懸念されています。
総量規制の対象となる消費者金融で融資を受けるためには「安定した収入があること」が条件で安定した収入とは正社員の毎月の給料だけでなく、兼業主婦のかたや学生でもパートやアルバイトで収入をがあれば安定した収入とみなされ、消費者金融を利用できますが、無収入の専業主婦は残念ながら利用できません。
では子育て中で働きに出たくても出られない主婦はキャッシングができないのかといえばそうでもなく、銀行のカードローンは総量規制の対象外になるので銀行の審査に通れば無収入でも利用できます。
銀行カードローンで専業主婦を対象とした商品を扱っている収入証明書不要カードローンは新生銀行の「レイク」は30万円まで、イオン銀行の「イオン銀行カードローンBIG」は50万円まで、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は30万円を融資限度として取り扱っていますので、銀行という安心感と金利が低いことなどから考えると、個人名義でキャッシングをしたい専業主婦のかたにおすすめの商品といえます。

お金を借りるときには完済するまでの計画を考えなくてはなりません。
返済にどのくらいの期間を予定しているのかをはっきりとさせるお金を借りる理由があります。
利息はどのようにして計算さえるのかをご存知でしょうか。
金利によって利息が決まることは知られていますが利息は市立決められた金額があるのではありません。
借り入れている金額、そして借りている期間によって利息は決まります。
一日ごとに加算される利息になりますので借り入れている期間が一日長ければい一日分の利息が加算されることになります。
そう考えると金利の比較は重要であることがわかりますが、借り入れ金額が小さければ気にする必要がないこともあります。
例えば3万円を一か月キャッシングしたとして、消費者金融の金利と銀行の一般的な水準となる金利では70円ほどの違いしか出てきません。
これが借入期間を考える理由になります。
返済回数が1回2回と少なくて済むのであれば利息への影響は小さくなります。
気にするほどの利息の違いでもなければそれ以外に考えたい比較項目はあるのです。
借りている金額は元金です、この元金は返済していかなければなりません。
しかし利息はそうではないのです。
利息は借りている金額ではなく加算されている支払項目です。
支払いはできる限り小さくしなければならないものであり、元金の返済を大きく進ませていかなくてはなりません。
返済期間を考えることで利息を考えるきっかけになるでしょう。

借りてでも解決しなければならない状況の時、知っておかなければならないことはあります。
お金が必要な時だからこそそのための知識をつけておかなけれなならないということです。
親兄弟から無条件でお金を借りるのではなく業者や行政など融資を行っている機関から借りることは安易に考えることはできません。
今でも多くの闇金融があります。
むしろ今だからこそ多くの闇金融があるといった方が良いかもしれません。
2003年に闇金融対策法が実施されました。
貸金業登録制度が強化され、登録審査は厳格なものとなりました。
高金利での貸し付けや無登録営業のときには罰則が厳しいものとなっています。
5年以下の懲役、1千万円以下の罰金となります。
違法な勧誘や広告でも100万円以下の罰金となっています。
取り立てにもルールがあり正当な理由がなければ夜間の取り立ても勤務先への電話や訪問も行ってはならないとしています。
もちろんこの時にも罰則があり2年以下の懲役、300万円以下の罰金となっています。
ここまではっきりと法律でさまざまなことが取り決められています。
私たちは安全にお金を借りる借り入れ先を探すことができる時代となりました。
金利が高すぎるかもしれないと心配することはありません。
そこが誰しも知っているような大手であれば間違いのあるキャッシングはないでしょう。
それでも私たちは知っておかなければならない法律やルール、知識や情報があります。
借りるときの最低限として学んでいきましょう。

by | Categories: 消費者金融 | Tagged: | No Comments

損が少ないネット証券、そんな言葉を聞いたことがあるでしょう。
もちろんそれは投資額を少なくても行うことができるということです。
ネット証券でも投資額を大きくすればそのリスクは高くなります。

ネット証券を始める前に株のリスクを知っておきましょう。
株のリスクは3種類あります。
それぞれを解説していきましょう。

・倒産リスク
投資している会社が倒産することによって負うリスクです。
せっかく購入した株式も単なる紙。
どんな銘柄を選ぶのかをしっかりと行い、倒産のリスクが少ない会社を選ばなくてはなりまん。

・流動性リスク
売り注文を出したとしてもそれを購入する人がいなければ売買が成立しません。
流動性の無い株式であった場合には売りたいと思っても買い手がつかずに売ることができないということです。
そのリスクを流動性リスクといいます。

・値下がりリスク
一番に身近にあるリスクです。
株の価値を株価と言いますが、この株価が下がるリスクです。
株価は一日の中でも何度も変化します。
長い期間で見ても大きな変化や小さな変化を何度も行っていきます。
一時値下がりしたとしても時間をおけば回復することもありますし、経済に影響する誰かの発言があっただけでも大きく変化することも少なくはありません。
初心者におすすめできるのは東証一部上場株ではありますが、そこにも値下がりリスクは必ず出てきます。
下がったことを焦ってしまわずに中長期投資として長い目で見ながら見守っていきましょう。

by | Categories: | No Comments

消費者金融でのキャッシングと聞けば金利が高く不利であると想像する方が多いでしょう。
現在ある消費者金融の大半は利息制限法で決められている金利上限ギリギリを金利として採用しており18.0%を上限金利としています。
それ以下となれば唯一となるのがプロミスの17.8%、それ以上となるのはスルガ銀行ダイレクトワンの20.0%があります。

金利が高いことは確かに気になることではありますが、借り入れる金額が小さい時にはそれほど深く気にすることではなくなります。
例えば適用される金利が18.0%と、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの14.5%では大きく異なるように感じますが、借り入れ金額が小さければ違いは大きなものではなくなります。
3万円を借り入れ、1回で返済できた時の利息の違いを比較してみましょう。
消費者金融の18.0%の金利では1か月分の利息が443円となり総額3万443円を返済額とすることになります。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの金利では1か月分の利息が357円となり総額3万357円を返済額とすることになります。
どうでしょう、違いはわずかに86円となりました。
借りれ金額が小さくなれば利息への影響は少ないことがわかるでしょう。
また、サービスが充実しており借り入れや返済のシミュレーションや素さで考えると消費者金融は群を抜いています。

その点を踏まえて消費者金融のキャッシングが向いているのはこのような方になります。
・借り入れ金額が小さく返済期間が短い方

by | Categories: 未分類 | No Comments