消費者金融でキャッシングをするとき、貸金業法の改正で総量規制が施行され融資限度額は年収の3分の1以内と制限されたのでそれ以上の融資を受けることはできなくなっていますが、総量規制には「除外」や「例外」といった利用のしかたがあります。
貸金業法の改正以前は利用者の無計画な借入から自己破産や多重債務者が急激に増えたため金融庁が消費者を守るという立場から貸金業法の改正をおこない、個人の融資限度額に制限を加えるようになりました。
総量規制は全てが年収の3分の1以内の融資制限を受けるわけではなく、「除外」と「例外」があり、それぞれ数項目が適用されますが、「除外」の一般的なものとして住宅ローンやマイカーローンなどの借入は「除外」にあたり、これらの融資を受けた残高があっても総量規制の貸付残高には含まれず、たとえばキャッシングの申込書に記入する「他社借入」にこの残高は含みません。
また「例外」は「顧客に一方的有利となる借換え」や「個人事業者に対する貸付け」があり、該当するのが「借り換えローン」や「おまとめローン」で貸付残高としては算入しますが、例外的に年収の3分の1をこえていてもこえた部分についての返済能力があると判断できれば貸付けができるものです。
以前は無収入の専業主婦もキャッシングが利用可能でしたが、総量規制で収入がなければ利用できなくなっていますが、専業主婦がキャッシングをするには「例外」の「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」があるので、この制度を扱っている消費者金融での利用は可能になります。

以前の消費者金融や銀行カードローンの利用者は主婦が一番多いとされていましたが、貸金業法の改正でその内容が変わってきています。
ノーローン 審査の利用目的で一番多いのが生活費の不足を補うためというのが一番多く、いまでも主婦の利用は多いようですが、2010年の貸金業法の改正で総量規制が完全施行となり、消費者金融で融資を受けるときは、年収の3分の1以内と制限を受けるようになったため、収入のない専業主婦は基本的にキャッシングが出来なくなりました。
ただ総量規制には「例外」がありその中の「配偶者貸付制度」を利用すれば専業主婦でもキャッシングは可能ですが、融資限度額は2人合わせた収入合計の3分の1以内となり、配偶者の同意を得ることになっているので、これまでのように夫に内緒で借りるということはできません。
パートやアルバイトに出て収入を得ている兼業主婦の場合は、パート代やアルバイト代も年収があるとして認められるので、本人名義でお金を借りることができます。
仕事に出られない専業主婦はキャッシングができないように思えますが、銀行カードローンのキャッシングは総量規制の対象外になるので審査に通れば無収入の専業主婦でも配偶者の収入証明書類があれば本人名義でお金を借りることができるのでご主人に知られることもありません。
ただ、気を付けなければならないのは返済で遅延や延滞を起こしてしまうと、担当者の個人名で電話が入ったりするので、間違いなく返済を続けることが重要になります。

消費者金融のキャッシングは審査が通りやすく、審査スピードもはやいことから今日中にお金が必要といったときは即日融資が可能になっています。
消費者金融のキャッシングを利用するには年齢が20歳以上の成人で安定した収入があることが最低条件になっているのでこの条件さえ満たせば誰でも申込ができます。
安定した収入にはバイト代やパート代も含まれるので、アルバイトやパートで収入を得ているかたも融資限度額は低くなりますが安心して利用できます。
申込は無人契約機や店舗窓口、郵送、電話、、インターネットを使ったWEB申込があります。最近ではWEB申込が主流で、ホームページから申込書を記入し、送信すれば短時間で仮審査が終わり、審査結果や融資限度額がメールや携帯電話に連絡が入ります。
それを確認したうえで本人証明書類を画像保存したものをメールに添付して送れば本審査が始まります。
本審査では書類確認や在籍確認がおこなわれ、審査に通ればメールや画面で契約書を確認し、内容に間違いがなければ契約ができます。
契約終了後すぐに指定口座へ口座へ振込をしてもらえるのでキャッシュカードを使って出金できます。
審査で必要になる書類として、本人証明書類として運転免許証や健康保険証、パスポートなどが必要になるので事前にそろえておきましょう。
また融資希望額が50万円をこえる場合や、他社で借入があるときはそれとあわせた合計が100万円をこえる融資希望額の場合は収入証明書類が必要で源泉徴収票や給与明細書、納税証明書をそろえておく必要があります。
どんな業者なら安心して借りられる?

最近では、収入のない専業主婦でも申し込み可能なローンが増えてきました。利用限度額は少ないものの、収入のない専業主婦でも申し込み可能というのは大きなメリットです。所得のある配偶者の同意書や所得証明書類があれば申し込むことができます。ただしこのサービスは銀行が提供しているもので、専業主婦が消費者金融でカードローン 借り換え比較するのは難しいのが現状です。
その理由の一つは、消費者金融には総量規制が課せられていることにあります。総量規制とは、個人の年収の3分の1を超える額を貸し付けてはならないという規制のことです。そのため審査の際には必ず個人の年収が審査項目に含まれます。ですから、働いていない専業主婦は借り入れることができません。この点、銀行は総量規制対象外のため専業主婦をターゲットにしたサービスが展開されているようです。
主婦でも、パートやアルバイトをしていて毎月安定した収入がある場合は消費者金融のカードローンを申し込むことができます。自分の収入で借り入れが可能かどうか不安があるなら、消費者金融の公式ホームページでシミュレーションをしてみると良いでしょう。借り入れ金額に対してどれだけの利息が付くかについてもあらかじめ知ることができ、無理のない計画をするのに役立ちます。
消費者金融の中には、女性専用のキャッシングサービスや、女性専用ダイアルを用意している会社もあります。女性オペレーターが申し込みや取引内容について相談に乗ってくれるので、不安な点や分からない事があるならまず相談してみましょう。

お酒やタバコは20歳になってからと法律で定められているように、日本には未成年者を守るための法律があります。また、未成年者が何らかの法律行為をする際には、親権者の承認を得なければならないことが民法により定められています。なぜなら、未成年者は十分な判断力が備わっていないために、何らかの不利な契約を結んでしまう可能性があるからです。
消費者金融で融資を受けることは、民法が定める「消費賃借契約」という法律行為にあたります。そのため、仮に消費者金融が未成年者と契約を結んで貸し付けを行なった後で、親権者から契約取り消しの申し出があった場合は、契約が無効になります。つまり、貸し倒れのリスクがあるのです。そのため、消費者金融は年齢制限を設け、20歳以上を対象に貸し付けを行なっています。
日本は比較的仕事を見つけやすい国なので、高校を卒業した後大学に進学せず、すぐに就職する方も多くいます。そのため、20歳以下でも社会人として安定した収入を得ている場合があります。それでも未成年者という理由でお金を借りられないことには、先に述べたような理由があるからです。
テレビコマーシャルや広告の影響で、借金は気軽に簡単にできるという意識が浸透してきているようですが、多重債務問題や詐欺は依然として増加傾向にあります。ですから、年齢制限によって未成年者が消費者金融を利用できないことで、未成年者の安全が守られているのです。お金が足りないと感じるときにすぐに借金をするのではなく、自分の収入の範囲内でやりくりする方法を考えるのが賢明な方法といえるでしょう。・・・消費者金融 審査 が厳しいとお悩みの方へ

キャッシングの返済は追加返済をしていくことによって利息を抑えながら元金の返済を進めていくことができます。
そのため積極的に追加返済をしていくためには利便性が高い方法を使っておきたいものです。
消費者金融では自社ATMが設置されていますが近くにあるという方は少ないでしょう。
コンビニATMならいつでも立ち寄れる反面、利用手数料がかかるというデメリットがあります。
そこで活用していきたいのは会員サービスにあるインターネット返済です。
大手ならどこの消費者金融でもインターネット返済は用意されています。
インターネット返済は利用手数料がかかりません。
会員サービスからインターネットバンキングに移動をし、そこから返済をするという方法です。
会員ページにログインができる環境にあればいつでもどこでも返済ができるキャッシング比較方法になっています。
気をつけなければならないのはインターネットバンキングからの返済ではなく、会員ページにログインをしてからのインターネットバンキング返済であるということです。
単純にインターネットバンキングから返済をしてしまえばそれは通常の銀行振込と変わりありません。
つまり振込手数料がそのインターネットバンキング規定の料金でかかってしまいます。
少しでも追加返済をしながら進めていきましょう。
そこに利用手数料がかからない方法であればより返済を進めやすくなります。
手数料無料、手間がかからない、それならば1、000円でも余裕があるときには行っておきたい追加返済です。

by | Categories: 融資 | Tagged: | No Comments

まとまったお金が必要になるのは、なにも会社員だけではありません。
家事に追われる主婦でも、時としてお金が必要になることもあります。
毎日の生活費の不足や、子供の教育費の他にも、自分の為に使うお金も欲しいものです。
主婦カードローンとは、どのようなものなのでしょうか。
主婦の方でも、パートやアルバイトで収入がある方であれば、カードローンの申し込みは可能です。
最近では、主婦の利用を宣伝している商品も多く見受けられるようになりました。
その条件は、「収入が安定していること」です。
その点、パートやアルバイトで毎月一定の収入があると認められた方であれば、十分審査に合格することもできます。
それには、勤続年数が重要なポイントの一つです。
同じ所で、長い期間勤めているのであれば、その収入は「安定」していると判断されるでしょう。
一方、収入を持たない専業主婦の場合はどうでしょうか。
専業主婦の方がカードローンを利用するには、夫の収入を証明する必要があります。
それには、夫の同意も必要になる為、多くの場合には、専業主婦のカードローンの利用は難しくなっています。
「ちょっと普段を違うおしゃれをしたい!」
「お友達と、少し小旅行を楽しみたい!」
ストレスのかかる主婦でも、カードローンを利用して楽しむこともできます。
しかし、あくまでもご主人には同意を得て利用するようにしましょう。
「内緒で借りたい」と思われても、ばれた時は問題ですよ。

消費者金融の利用には忘れることができないのが金利ですが、実は無利息で借り入れができる消費者金融もあります。
プロミスとモビットです。
モビットは7日間の無利息となっており、完済をした後はいつでもそれが適用されます。
何度でも利用できる無利息期間であり、消費者金融、そして金融業者ではほかにはないサービスとなっています。
プロミスは30日間無利息となっており、はじめての利用であることとポイントサービスに登録することを条件として適用されるサービスです。
ポイントサービスはプロミスの利用に応じて貯まるポイントで、交換ができるサービスは無利息期間や提携ATM利用手数料があります。
登録をすることで損をするものではありませんのでプロミスを利用するときにはぜひ登録しておきたいポイントサービスです。
ポイントサービス登録後の初めての借り入れで30日間の無利息が適用されますので、即日キャッシングでポイントサービス登録前に借り入れをしてしまえばその金額は無利息期間の対象とはなりません。
あくまでもポイントサービス登録後の初めての借り入れが対象となっています。
その消費者金融によって無利息期間サービスの条件が異なりますので確認をしましょう。
借り入れ金額だけを返済すれば終わり、そのような無利息はぜひ活用していきたいものです。
収入証明不要ローン借り入れをするときに考えなくてはならないのは元金以外のコストであり、それを節約できる無利息サービスは活用しましょう。

消費者金融アイフルは様々なタイプのサービスを提供しています。中でも人気なのがカードローンです。住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどはあらかじめ融資を受ける目的が限定されていますが、カードローンは利用目的を限定せずに融資を受けることができるので、多くの方が利用しています。
アイフルのカードローンには3つのメリットがあります。
1.審査時間が短いため、迅速に融資できること。
2.利息が日割り計算で、融資を受けたその日から返済が可能なこと。
3.アイフルATMでの融資だけでなく、提携先ATM・コンビニやインターネットなども利用できるので、場所や時間を気にすることなく借り入れと返済ができること。
さらに、アイフルの特徴は、様々なシーンや利用方法に合わせた多彩な商品があることです。そのうちの二つは以下の通りです。
「キャッシングローン」は、店頭に出向かずに、インターネットで契約ができ、さらに申し込み当日に融資が可能になるサービスです。満20歳以上で定期的な収入と返済能力があり、アイフルの基準を満たしていれば申し込みが可能です。自営業者、パートやアルバイト、派遣、主婦、学生であっても、安定した収入があれば申し込むことができます。
「わんポチッと。」は消費者融資商品を初めて利用する方を対象とした、限度額10万円のサービスです。必要書類は携帯電話で画像を送るだけでよく、収入証明書類が原則不要なので、気軽に申し込むことができます。さらに限度額が10万円なので借り過ぎないという安心感があります。
自分に合った商品を選び、計画的な利用を心がけましょう。

総量規制は消費者金融にのみ定められた制限で、消費者金融を利用してキャッシングをするときは融資限度額が制限されます。
総量規制とは消費者を守るという立場から、融資限度額は年収の3分の1以内に制限されたため、それまでに消費者金融から年収の3分の1近くや以上の借入れをしている利用者は、新たに融資がうけられないので、返済に困った利用者はしかたなくヤミ金に走るといったことが懸念されています。
総量規制の対象となる消費者金融で融資を受けるためには「安定した収入があること」が条件で安定した収入とは正社員の毎月の給料だけでなく、兼業主婦のかたや学生でもパートやアルバイトで収入をがあれば安定した収入とみなされ、消費者金融を利用できますが、無収入の専業主婦は残念ながら利用できません。
では子育て中で働きに出たくても出られない主婦はキャッシングができないのかといえばそうでもなく、銀行のカードローンは総量規制の対象外になるので銀行の審査に通れば無収入でも利用できます。
銀行カードローンで専業主婦を対象とした商品を扱っている収入証明書不要カードローンは新生銀行の「レイク」は30万円まで、イオン銀行の「イオン銀行カードローンBIG」は50万円まで、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は30万円を融資限度として取り扱っていますので、銀行という安心感と金利が低いことなどから考えると、個人名義でキャッシングをしたい専業主婦のかたにおすすめの商品といえます。